経鼻内視鏡検査なら四日市市のおきがみクリニック

胃内視鏡検査 GASTROSCOPY

胃内視鏡検査

患者さんの負担を考えた検査を
行っています

胃内視鏡検査と聞くと、胃のみを調べる検査と思われがちですが、胃内視鏡検査では、食道や十二指腸も検査することができます。
内視鏡検査では、嘔吐反射など患者さんに負担がかかってしまうこともありますが、当院ではできるだけ患者さんに負担をかけずに検査ができる経鼻内視鏡検査の対応も行っています。
胃内視鏡検査をご希望の方は、お気軽にご相談ください。

胃内視鏡検査で発見できる病気

  • 胃癌
  • 食道癌
  • 十二指腸癌
  • 食道裂孔ヘルニア
  • 胃粘膜下腫瘍
  • 胃潰瘍
  • 十二指腸潰瘍
  • 急性胃炎
  • 慢性胃炎
  • 逆流性食道炎
  • 食道静脈瘤
  • 胃ポリープ
  • バレット食道

患者さんの負担が少ない経鼻内視鏡検査に対応しています

経鼻内視鏡検査とは

経鼻内視鏡検査とは、鼻から細い管を挿入して検査を行います。口から挿入する「経口内視鏡」と比較すると、管が細くのどの付け根に触れないため、苦痛や不快感が少なく検査ができます。

こんな方に
おすすめ

  • 経口内視鏡の検査をしたことがあり辛い経験を
    した方
  • 嘔吐反射がある方
  • 妊娠中または授乳中の方

経鼻内視鏡のポイント

  • 内視鏡が約5㎜と細く

    吐き気や苦痛が少ない

  • 口が塞がらず

    検査中も会話ができる

  • 鎮静剤を使用することもできます

    検査に対する不安の強い方は鎮静剤を使用しての検査にも対応しています。
    お気軽にご相談ください。

胃内視鏡検査の流れ

検査前日

検査前の食事について
アルコールの摂取、暴飲暴食は控え、食事は20時までに済ませてください。
水分に関しては、水・お茶・スポーツドリンクは20時以降も飲んでいただいて構いません。
服薬について
寝る前のお薬は普段通りに服用していただいて構いません。

検査当日

検査前の食事について
起床後から検査終了まで食事はしないでください。
水分に関しては、水・お茶・スポーツドリンクは飲んでいただいて構いません。
服薬について
高血圧・心臓病・不整脈のお薬を飲まれている方は、普段通りに服用をお願いします。その他の薬は当日服用しないようご注意ください。
念のため、服用しているお薬がある方は事前にご相談ください。
ご来院について
検査の際に麻酔をご希望の方は、眠くなる薬を使用するため、車やバイク、自転車でのご来院はお控えください。
1 ご来院
スムーズに検査を行えるように、検査開始の15分前にはお越しください。ご来院後は、受付を済ませていただいた後、診察室にて診察を行います。
2 検査
診察が終わったら、内視鏡室に移動して検査を行います。貴金属や入れ歯は外しておいてください。お着替えが終わりましたら検査台の上でリラックスして横になってください。
3 検査終了後
鎮静剤を使用された方は、静養室にてお休みください。診察室にて医師による検査結果の説明をいたします。必要に応じてお薬の処方をいたします。

検査後

検査後の食事について
喉の麻酔が効いているため、検査後1時間は飲食をお控えください。
また、組織を採取した方は2日間アルコール摂取や旅行は控えていただきますようお願いいたします。